「ウィッチ&リリィズ」カテゴリーアーカイブ

【ウィッチ&リリィズ】ようやく二階へ侵攻。

前回(1ヶ月前😅)。

【ウィッチ&リリィズ】ダンジョン潜入再開して分かったこと。 | 自分、ぼっちですが何か? (taki-lab.site)

1階の踏破地図。

入り口からすぐに左側にショートカットがあったので、

ここを開通させたことにより、2階への近道が完成しました。

2階に進むといきなり敵が強くなります。

初見で勝利するにはウィザードの魔法スキル必須。

しかし、倒してドロップアイテムを売却すれば、

ワンランク上の装備が手に入るので、

これを装備させることでまともに戦えるようになります。

そしてもう一つ、2階からシンボルエンカウントの敵が出現するようになり、

触れると強力な敵とのバトルになるらしい。

現時点では勝てないので逃げろとチュートリアルで注意されました。

シンボルの動きとしては、同じルートをグルグル回っていて、近づいたら追いかけてくるって感じです。

【ウィッチ&リリィズ】ダンジョン潜入再開して分かったこと。

前回の続きです。

【ウィッチ&リリィズ】クラファンのお礼が届きました。 | 自分、ぼっちですが何か? (taki-lab.site)

ゲームを進めてみて、分かったことをまとめたいと思います。

序盤のバトル

序盤を進める上で、一番強力な攻撃方法はウィザードの魔法攻撃でした。

ファイターの物理攻撃でも、バードのバフがあってもダメージ20~30程度、

ウィザードの火炎魔法だとダメージ80程度でした。

なので、序盤の敵は火炎魔法+ファイターの物理攻撃で確実に敵を倒すことが出来ます。

しかし、火炎魔法を使うのにMP5を消費するので、すぐにMPが枯渇してしまいます。

そこで重要になってくるのが、手づくりのお弁当

これを使うとHP、MPが完全回復するので、攻略にかなり重要なアイテムになると思います。

お金

高値で売れるアイテムがあるので、ダンジョン攻略の中でこのアイテムを回収して売るのが一番早いと思う。

装備アイテムはどうやって増えるんですかね?

(ドロップアイテムを売れば増えるらしい、steamのコミュニティに書いてあった。)

育成

多分、スキルを使って攻撃するのがメインになりそうなので、序盤はスキルを覚えるのが優先ですかね。

序盤から毒攻撃を仕掛けてくるヤツもいるので、早めにリフレッシュを覚えたい。

あと全体回復も需要ありそう。

ショートカット

ダンジョンの中には反対側から開けられるドアがあり、

そこを一度通過すると、両方向から通過できるようになります。

要はショートカットですね。

最初これに気がつかなかった。

【ウィッチ&リリィズ】クラファンのお礼が届きました。

たぶん、いつ支援したのか忘れるぐらい昔に支援した

ウィッチ&リリィズがSteamでリリースとなり、クラファン支援の謝礼が届きました。

謝礼はゲーム製品版のSteam製品コードとクレジットに名前が載る権利。

クレジットにしっかりと名前が載っているのを確認しました。

ということで早速プレイしていきます。

ゲームはウィザードリィのような3Dダンジョンを探索して攻略していくゲーム。

拠点の街からゲームが始まり、パーティを編成、装備やアイテムなどを準備し、ダンジョンに挑みます。

職業は10種類あり、それぞれ特徴が異なります。

この職業の中からキャラを作成し、5人パーティを作成します。

これは悩みますね。

キャラメイクの時は名前、性格、見た目、声を設定できます。

重要なのは性格。

性格によってキャラ同士が仲良くなったりとかの影響があるっぽい。

そして、めちゃくちゃ仲良くなると、バトルでめちゃくちゃ活躍してくれるみたいです。

ウィザードリィのようなボーナスポイントでパラメータを増やすという概念はないので、キャラメイクはサクサク進められます。

パーティは悩んだあげく、

  • ウォリアー
  • ナイト
  • ヒーラー
  • ウィザード
  • バード

の、比較的無難な編成にしました。

ダンジョン内はこんな感じ。

右上に歩いたところがオートマッピングされます。

キャラはレベルアップとともにスキルポイントを3ポイント与えられ、

それをスキルツリーに振り分けることでスキルを習得します。

魔法とかもスキルツリーから習得するので、レベルアップ時はスキルポイントの振り分けを行う必要があります。

と言うところでダンジョンで数回バトルして、街へ帰還。

ダンジョンから帰還すると、パーティーメンバーに次のダンジョン探索に向けて準備を行うように指示を出します。

ペアで作業させるとメンバー同士で仲良くなります。

5人パーティーなので、一人は必ずハブられるのが辛い。

ペア作業の後はキャラ同士のデートイベントが発生しました。

が、今回はどちらもあまり上手くいかなかった模様。

もう、眺めているだけなのがもどかしいよ。

と、いうところでとりあえずここまでがチュートリアルと言ったところでしょうか。

今後もボチボチプレイしていきます。