「レビュー」カテゴリーアーカイブ

Pixel 6a到着。

でん。

Pixel 6aをPixel 4aを下取りに出したら、いくらになるか?

というのを試そうと思ったら、いつの間にか購入完了まで進んでしまいました。

どうも、ぼっちです。

Google Buds A Seriesが無料で貰えると言うことを知って、

あわててキャンセルして買い直したのは内緒の話。

ようやくアカウントの再設定が終わって、使えるようになりました。(二日かかった)

iOSはデータの引き継ぎすると、アカウント情報も引き継いでくれるのですが、

Androidは引き継いでくれてたりくれなかったりでまちまち。

なので、引き継ぎが終わったら、全アプリを起動してアカウントが引き継げているかをチェックする作業が始まる。

そして、Y!mobileのeSIM再発行は午後9時までという時間制限があり、

購入当日には引き告げられませんでした。

こういうのeSIMは不便。

さて、見た目ですが、Pixel 5aと比較すると、

インカメラの位置が左上から中央上に変わっています。

これはそれほど不便では無いと思う。

指紋認証は背面からディスプレイ上に変更になりました。

これは慣れるのに時間掛かりそうです。

裏はPixel 6でも特徴的だったバーが付いています。

このでっぱりが気になる人もいますが、

オイラはそんなに気にならないかも。

スペック面で言うと、プロセッサーはPixel 6と同じプロセッサを搭載していることもあって、単純に廉価版とは言えない代物です。

細かい所はスペックダウンしていますが、自分が使ったところ、そんなに気になるところは無いです。

そして、何よりも、これだけのスペックでお値段53900円という安さ。

これはまさしくコスパ最強と言わざるを得ません。

しかしながら、気になったのは発熱。

これは高性能プロセッサーであるが故の定。

ゲームやるときはスマホクーラーを使うなどの工夫が必要です。

まぁ、今のところ使ってて不満はありません。

【給付金で買った物】【ワイヤレスイヤホン】Sony WF-SP800N

Sony WF-SP800N

リリースされたての最新モデルです。

27000円。

特徴としては、ノイズキャンセル機能も持ちながら、スポーツ用途に特化した防水仕様になっています。

防水仕様になっていないと、汗でイヤホンが壊れるらしいよ。

開封。

接続の仕方が書いてありました。

充電はUSB-Cです。

さすが。最新モデルは違うね。

イヤホンをケースに入れて充電中にアプリを準備。

アプリを入れ終わったら、アプリの指示通りにイヤホンをケースから取り出し、スマホ本体をイヤホンに近づけるとペアリングが完了します。

思った以上に簡単でした。

実際に使ってみての感想。

今まで使用していた

(確か)メルカリで数千円で購入したものと比較します。

まず装着感。

WF-SP800Nは耳に入れる部分がこうなってて。

イヤーピースが耳の窪みにハマる構造になっているんですよ。

見事にフィットするので、激しい運動しても耳から外れる気がしない。

安物は静止してても耳から外れようとするからね。

あと、コントロールは左右それぞれにタッチ部分があり、

ここっす。

左耳側がGoogleアシスタントまたはAlexaの起動ボタンで、どちらにするかはアプリで選択できます。

右耳側が音楽の再生、停止、スキップなどの操作ができるようになっています。

ポイントは操作ボタンが、「イヤホン全体」では無くて、「一部」ということです。

多分、イヤホン自体が大きいから出来るんだろうな。

安物はイヤホン全体がスイッチ部分になっていて、ポジション変更しようとして誤操作が頻繁に起こっててストレスになっていました。

WF-SP800Nはそもそも完全にフィットしているのでポジション変更する必要が無いのですが、全体がスイッチ部分ではないので、誤操作することがありません。

むしろ、操作しようとしてもうまくスイッチが入らないぐらい(え。

あと、ノイズキャンセル機能もいいですね。

ノイズキャンセル機能がもっと強力なモデルもあるのですが、そちらは防水仕様になっていないので、こちらを選択しました。

でも、性能としては十分で、たとえば、パソコン作業しているとPCファンの音とかは全く聞こえないですね。

音楽を再生すると、その音のクオリティにびっくりしました。

作業に集中できるが、お客さんがピンポンしても気がつかないレベル。

これは、最高ですわ。満足。

存分に活用させて頂きます。

反日種族主義を読んで

Kindleを使用していたら、Amazonにオススメされたので、思い切って購入してしまいました。

いやー読み応えありましたね。

オイラは10年以上前に韓国人の先生に韓国語を教わって貰ったりとか、個人で韓国旅行もしていました。

そして、そのうち、日韓関係の問題にも関心を持つようになりました。

いろいろモヤモヤーとしていることも沢山ありました。

その答えがこの本の中にありました。

この本のすごいところは、それら日韓の問題に対して、いままで調査して集めた資料を基に、丁寧に解説しているところ。

さらに、なぜ今のような問題が発生してしまったのかを導き出している事。

そして、何よりも、これを書いたのが韓国人の歴史学者である事です。

著者は日本統治下の朝鮮の歴史だけで無く、その前後も含めた朝鮮史まで調べ上げ、さらに戦時中の日本のことも調べ上げています。

その中で数多くの資料を基に真実も導きされています。

これは、ネットに転がっている嫌韓サイトの情報よりも非常にわかりやすくて納得のいく内容でした。

そして、現在の韓国人達のマインドを作り出してしまった、政治家、活動家、歴史学者の過ちにも指摘しています。

ただ単に日本の主張を裏付ける書籍と考えてはいけない。

韓国人も、日本人も、この本を読んで、何が真実で、何が誤りなのかを考える必要があると思います。

それができなければ、永遠に問題は解決できない。しようとしないのであれば、解決する意思が無いと言えるかもしれません。

とにかく、一人でも多くの人にこの本を読んで貰いたい。

そう思いました。

はーすっきりした。

モヤモヤが解放された気分です。

読んで良かった。

【レビュー】Fitbit Aria2

仕事から帰ってきたらOKIPPAの中に入っていました。

OKIPPA優秀。

ほんと、再配達の手間が減る。便利。

それはおいといて。

fitbitのスマート体重計、area2です。

セットアップは簡単で、裏のバッテリーの絶縁シール(?)を抜き取り、fitbitアプリで接続。wifiの設定を済ませれば完了です。

あとは体重計に乗るだけ。

体重と体脂肪率を計測し、そのデータはすぐにwifi経由で fitbitアプリに転送されます。

だから、本当に後は体重計に乗るだけ。

計測したデータは全部fitbitアプリに記録されて、後で見ることができるので、データを取るのも簡単です。

機能は少ないかもしれないですが、活動量計と一緒に使用すれば非常に便利。

これならダイエット頑張れそう。

【オススメ】10キロやせて永久キープするダイエット

この本は、

ダイエットの知識は沢山あるのに痩せられない

という方に読んで頂きたい。

この本の中ではダイエットの方法についての説明はありません。

どちらかというと、ダイエットを続けるためにはどうすれば良いのか、と言うことを心理学の観点から説明しています。

作者が先生にダイエットについて相談し、それを実践してどうなったか、という感じで文章は進んでいきます。そして、所々に編集者も実践してみてどうだったか、と言うことも触れています。

簡単に内容を説明しますと、ダイエットは一生続けるもの、何かを我慢して行うダイエットは必ず失敗する。

では、どうするかというと、我慢せずにできることを実践し、それを習慣化させること。

そのために、どうすれば良いかを説明しています。

この本はオススメ。

Kindle Unlimitedでは無料で読むことができます。

オイラも実践しよう。

【レビュー】fitbitを試す。

買ってしまった・・・

fitbit Inspire HRです。

今まで使ってた野はこちらです。

ただただfitbitを紹介しても伝わらないと思うので、こちらと比較してみます。

まず、ディスプレイがタッチパネルになってます。(前のはディスプレイ下にタッチで操作していた)

上下スライドでメニューを選択し、タップで決定、キャンセルは左のボタンを押します。

操作が直感的になって操作しやすい。

あと、活動量の数値がリアルタイムで更新されるようになりました。

上の写真のように何も計測しなくても常時測定してくれています。(前のは心拍数の画面を表示させなければならなかった。)

睡眠の測定結果です。レム睡眠がいつで、いつ目が覚めていたかというのもわかるようになっています。(前は浅い、深いの二つしか無かった。)

アプリの専用コミュニティ。

沢山の方々が見てくれて、反応してくれています。第三者が反応してくれるのは、ダイエット継続の力になります。

そして、一番大事な事なんですが、スマホ本体との連携が途切れにくいです。(これ重要)

デバイスで記録している内容がすぐにスマホ本体で確認できますし、何より、スマホからの通知をきちんと振動で伝えてくれます。(前はすぐ途切れるので、使い物にならなかった。)

活動量計にこんなにお金かけるのってありか?って思ったけど、実際使ってみて、やっぱり安い物じゃダメだ、と思いました。

実は、fitbit気に入ってしまって、体重計も買ってしまったのです。

こちらも使ってみたらレポートしたいです。