【ラズパイ】ディスプレイにいろいろ表示させてみる

こちらのサンプルプログラムを入力します。

https://github.com/raspberrypilearning/astro-pi-guide/blob/master/files/SenseHAT-Cheatsheet.pdf

8×8のLEDディスプレイにいろいろ表示させてみましょう。

ドット点灯

from sense_hat import SenseHat
sense = SenseHat()
sense.set_pixel(0, 0, 255, 0, 0)

インターフェースは(x, y, R, G, B)。

これは(0,0)に赤を点灯します。

色を変えてみます。

sense.set_pixel(0, 0, 155, 100, 10)

表示位置を変えてみます。

sense.set_pixel(1, 1, 155, 100, 10)

1文字表示

from sense_hat import SenseHat
sense = SenseHat()
sense.show_letter("J", text_colour=[155, 100, 10])

ピクチャ表示

このような絵を作成。

from sense_hat import SenseHat
sense = SenseHat()
sense.load_image("creeper.gif", redraw=True)

一応256階調に調整できるので、フルカラー表示できるはずなんですが、あまり細かい違いは分かりません。

回転

from sense_hat import SenseHat
sense = SenseHat()
sense.load_image("creeper.gif", redraw=True)
sense.set_rotation(r=90, redraw=True)

ピクセルマップ

from sense_hat import SenseHat
sense = SenseHat()

R = [255, 0, 0]
W = [255, 255, 255]

pixel_list = [W, W, W, R, R, W, W, W,
              W, W, R, W, W, R, W, W,
              W, W, W, W, W, R, W, W,
              W, W, W, W, R, W, W, W,
              W, W, W, R, W, W, W, W,
              W, W, W, R, W, W, W, W,
              W, W, W, W, W, W, W, W,
              W, W, W, R, W, W, W, W]

sense.set_pixels(pixel_list)

次はセンサーを弄ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください