【Unity】シングルトンでマスターデータを作成

農場経営ゲームのデータ構成はもう出来上がっているので、

これはこのままデータクラスとしてスクリプチオを作成。

特に基底クラスは指定していません。

で、これを複数のシーンからでも参照できるようにしたい。

参考にしたのはこちらでした。

シングルトンの基底クラスのコードはそのまま使えるはず。

このクラスを継承してゲームマネージャークラスを作成。

public class GameManager : SingletonMonoBehaviour<GameManager>
{
    private PlayerData _playerData = null;
    private MasterData _masterData = null;
    private bool _initialized = false;

    public bool Initialized
    {
        get
        {
            return _initialized;
        }
    }

    public MasterData MasterData
    {
        get
        {
            return _masterData;
        }
    }

    public PlayerData PlayerData
    {
        get
        {
            return _playerData;
        }
    }

これをコンポーネントとして適当に登録しておく。

登録しておかないと、

instance = (T)FindObjectOfType(typeof(T));

で、クラスが見つからないと怒られるので注意。

参照するときは

    GameManager gameManager = GameManager.Instance;

で可能なはず。

まぁ、今回はスクリプトのデバッグ方法も分かったので、収穫は大きかった。

「【Unity】シングルトンでマスターデータを作成」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください