【Unity】GOOGLE PLAYストア登録までの道(その5)

その4

次のエラーは、

このリリースは Google Play の 64 ビット要件に準拠していません。
以下の APK または App Bundle は 64 ビットのデバイスで利用できますが、32 ビット向けネイティブ コードしか含まれていません([1])。
アプリには 64 ビットと 32 ビットのネイティブ コードを含めます。Android App Bundle 公開形式を使用して、各デバイスのアーキテクチャが自動的に必要なネイティブ コードだけを受け取るようにします。これにより、アプリ全体のサイズが増大することを回避できます。

これはこちらの記事を参考にしました。

https://qiita.com/nonkapibara/items/a708b856a496a96ccec5

プロジェクト設定のPlayer設定の中にスプリクティングバックエンドの項目があるので、これを「IL2CPP」に変更します。

そうすると、ターゲットアーキテクチャのARM64の設定が可能になるので、この項目をチェックにします。

この状態でビルドしてアップロードすると、エラーは解消されます。

まだ続きます。

「【Unity】GOOGLE PLAYストア登録までの道(その5)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください