経済ニュース(09/23)

FRB議長「22年末には利上げに適した状況に」 会見要旨(写真=ロイター) – 日本経済新聞

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は22日、米連邦公開市場委員会(FOMC)終了後に記者会見を開いた。中期的な経済・政策見通しについて、「FOMC参加者の半数が(ゼロ金利政策の解除に)望ましい経済状況が2022年末には実現すると考えている」と述べた。主な発言と質疑応答は以下の通り。きょう、我々は政策金利をゼロ近傍に据え置き、一定量の国債購入を維持すると決めた。金利とバランスシートに関する

【米国市況】株上昇、国債利回り曲線フラット化-FOMC政策決定後 – ブルームバーグ

22日の米株式相場は上昇。米国債の利回り曲線はフラット化した。米連邦公開市場委員会(FOMC)は、債券購入プログラムのテーパリング(段階的縮小)を近く開始する可能性が高いことを示唆した。

みずほ銀行トラブルまみれの理由は…金融庁管理で「泥沼化の予感」 | Smart FLASH[光文社週刊誌] – SmartFLASH

9月22日、金融庁は、システム障害が相次いだ問題をうけ、みずほ銀行とその親会社であるみずほフィナンシャルグループに対し、銀行法に基づく業務改善命令を出した。

 みずほ銀行といえば、今年8月にATMが使えなくなるなど、トラブルばかり起きることで知られる。ITジャーナリストの三上洋さんが、こう語る。

【関連記事:渋沢栄一、日本で初めて銀行を作る…本店は建物保存活動の走りに】

「金融庁が業

米国株、ダウ反発し338ドル高 想定通りのFOMCで安心感 中国恒大懸念も後退 – 日本経済新聞

【NQNニューヨーク=古江敦子】22日の米株式市場でダウ工業株30種平均は5営業日ぶりに反発し、前日比338ドル48セント(1.0%)高の3万4258ドル32セントで終えた。中国の不動産大手、中国恒大集団の経営不安が和らぎ、買いが入った。午後に結果が発表された米連邦公開市場委員会(FOMC)は、テーパリング(量的緩和の縮小)の年内開始が示唆されるなどほぼ想定通りの結果となり、買い安心感が広がった

「日の丸半導体」の復活には5兆円投じる覚悟が必要、富士通・元半導体トップが直言(東洋経済オンライン) – Yahoo!ニュース – Yahoo!ニュース

半導体の重要性が再認識されている。アメリカや中国は経済安保の観点からも兆円単位の国家支援を打ち出し、日本でも、経済産業省が「半導体・デジタル産業戦略」を発表した。ただ、かつて世界に覇を唱えた日本の半

情報BOX:米FRB金利・経済見通し – ロイター (Reuters Japan)

●政策担当者18人中9人が22年中にフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標がゼロ%から上昇と予想(6月時は7人)。政策担当者17人は23年までの利上げを予想(6月時は13人)。

恒大問題で揺れる中国不動産開発業界、米事業抱える大手も経営難 – ブルームバーグ

金融界は現在、深刻な資金難に陥っている中国の不動産開発大手、中国恒大集団の債務問題を注意深く見守っているが、同国では経営難に直面する不動産開発大手が他にも存在する。この企業はマンハッタンとロサンゼルス、ハワイでのプロジェクトに関連し、今後も計画を継続できるかどうかの瀬戸際に立たされている。

実機で確信した2021年iPadの選び方(石川温) – Engadget日本版

9月24日に発売となるアップル・iPad mini(第6世代)とiPad(第9世代)を試用する機会を得た。iPad miniは8.3インチとコンパクトながら、iPhone 13シリーズと同じA15 Bionicを搭載。端子もUSB-C、ロック解除はTouch IDと申し分のない進化を遂げている…

コロナワクチン接種で3日待機免除 政府が水際対策緩和 – 日本経済新聞

政府は新型コロナウイルスの水際対策に関して、ワクチンの接種者を対象に緩和する。変異ウイルスの流行国からの入国で必要な、検疫所が確保した施設での3日間の待機措置を免除する方針だ。22日に自民党のコロナ対策本部で見直し案を示した。同日時点

新型カローラ・クロスの乗り心地に衝撃! 公道で乗ってわかった驚きの完成度と気になる点とは?(GQ JAPAN) – Yahoo!ニュース – Yahoo!ニュース

トヨタの新型「カローラ・クロス」に小川フミオが試乗した。カローラ・シリーズ初のSUVはいかに?

世界の市場で悲観後退、中国恒大が利払いで発表-人民銀は資金供給 – ブルームバーグ

深刻な資金難が続く中国の不動産開発大手、中国恒大集団が利払いについて曖昧な表現ながら「解決」を発表したことや中国人民銀行(中央銀行)が短期資金供給を増やしたことで、世界の市場で悲観が後退した。

中国関連株に明暗 バブル不安、製造業なお重荷 – 日本経済新聞

中国恒大集団の債務問題が市場を揺らすなか、中国関連株の動きに差が目立ってきた。23日に人民元建て債の利払いを実施すると伝わると、一時的に金融市場の混乱が避けられるという期待感からソフトバンクグループ(SBG)は上昇。一方でTOTOやファナックなどの製造業は下げ止まらず、実体経済への不安を鮮明に映した。不動産バブルの調整が長引くとの懸念が引き続き株価の重荷になる。22日の東京株式市場で日経平均株

【北陸新幹線】開業前の今しか見られない!新幹線”ナゾの車両” – 【公式】日テレNEWS

ロンドン株10時 上げ幅拡大 景気敏感株に買い – 日本経済新聞

【NQNロンドン】22日午前のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は上げ幅を広げた。英国時間10時時点では、前日の終値に比べ76.92ポイント(1.1%)高の7057.90だった。構成銘柄の8割が上昇している。中国の不動産

阪神梅田本店が10月にリニューアルオープン 1階は「食のイベントスペース」 食関連のフロアは38%増(関西テレビ) – Yahoo!ニュース – Yahoo!ニュース

7年にわたって建て替え工事が進められてきた阪神梅田本店が、10月にリニューアルオープンします。

大阪市北区の阪神梅田本店は、一部店舗で営業を続けながら建て替え工事を行っていましたが、10月8日にほ

東京電力 柏崎刈羽原発のテロ対策不備「意識の低さあった」 – NHK NEWS WEB

新潟県にある柏崎刈羽原子力発電所でテロ対策上の重大な不備が相次いだ問題で、東京電力は「原子力部門全体で核セキュリティーに…

唐田えりか、24歳になり最新ショット 誕生日に事務所公式インスタ投稿「今日の主役」 – スポーツ報知

芸能事務所「フラーム」の公式インスタグラムが更新され、19日に24歳誕生日を迎えた女優の唐田えりかの最新ショットを公開した。

松屋、一部地域で並盛り60円値上げ プレミアム牛めしは終了へ – 朝日新聞デジタル

牛丼チェーン「松屋」を手がける松屋フーズは28日午後2時から、一部地域で扱っている牛丼「牛めし」の価格を引き上げ、全国で販売する。並盛りで税込み320円(沖縄は290円)を380円にする。 関東や主…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください