障害年金のメリット

もう、障害年金を受給してから8年ぐらい経つのかなぁ。

昔の記事を読み返して、

ニュース記事のリンク切れてんじゃん。

いや、言いたいのはそういう事じゃ無くて

やはり、受給資格があるなら受給受けた方が良いです。

収入の足しになります。マジで。

障害年金を受給しているからと言って、仕事に支障はない

でも年末調整とかに年金証書のコピーを提出したような気がする。

でも、障害年金を理由に不採用となったことはありません。

というか、そういう機会も少なかったけどね。

むしろ、そういう所に配慮がない会社は行くべきではない。

そして、収入が増える。

お仕事としての給与とは別に年金収入があるので、非常に助かってます。

そして、仕事を辞めた後のほうがメリットだらけ。

まずは、国民年金の納付ですが、年金証書があれば納付免除されます。

健康保険料も大幅に減額されます。

そして、失業保険が待機期間無しで、受給期間も半年延びます。

さらに失業認定も一回でOKで、月に一回ハローワークに通えばOKです。

障害者手帳が医師の診断書無しで申請できる。

障害者手帳の申請が医師の診断書が無くても、年金証書があれば申請できます。

障害者手帳があれば公共施設が無料または割引になり、交通費も支給されます。

交通費はタクシーチケット、ガソリン代、福祉乗車証のいずれかを選べます。

例えば、札幌市だったら、福祉乗車証があれば市内のバス、地下鉄、路面電車がタダで乗り放題です。

一応デメリットも書いておく。

まず、申請から受給開始までが大変です。

大量の申請処理を書かなくちゃいけないし、医師の診断書も必要です。

そして、申請から受給開始まで審査期間3ヶ月ぐらいかかります。

そして、お仕事中に休職をしてしまった場合、傷病手当てが貰えないケースもあります。

まぁ、障害年金は年金を納めてきた人達の正当な権利なので、有効に活用する他ないっしょ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください